SaaS型ECサイト

通常企業がECサイトを自社に導入するときは、ECサイト用のパッケージシステムを購入し、自社サーバーに組み込みます。パッケージ型のECサイトシステムならば、一度導入すれば、初期費用のみで済み、運用保守を自社で行えます。また不具合などがあれば、販売元がサポートとなっており、ときには有償とはなりますが、サポートを受けられます。ただパッケージ型のECサイト自社で構築するには、導入のための初期費用が高くなる、さらにサーバーを自社で用意しないといけないというデメリットがありました。

クラウド型そんな中で登場したのが、クラウドを使用したECサービスであり、SaaS型のECサイト構築サービスとも呼ばれます。クラウド型なので、インターネットを経由してサービスを提供しており、導入した企業は自社サーバーへのシステムインストールが必要なく、ブログを使うように、すぐにECサイトを構築できます。また、パッケージ型は一度導入すると、時間とともに、システムが古くなってしまいます。しかしSaaS型であれば、クラウドのシステムがバージョンアップすれば、企業もその最新版のシステムを使えます。

何よりも導入費用が安く済みます。パッケージ型であれば、初期費用としてそのシステムを購入しないとならず、システムの値段は高いことが多いです。しかしSaaS型であれば、初期費用のかからないことも多く、使用した分だけの月額料金となっており、構築費用を抑えられます。