導入費用を抑える

コストSaaS型のメリットを考えると、やはり導入費用が安いということでしょう。パッケージ型は、は、何かのシステムのソフトウエアを導入するには、構築し保守しないとならないために、人件費も時間もかかり、実際に使うまでにある程度のコストと時間を要します。SaaS型であれば、運用のコストは、毎月の費用のみとなり、サービス利用契約を行えばすぐに使えます。そのために、時間もコストも抑えてECサイトをスタートさせられます。さらには、もしもECサービスを利用開始後に、月額費用の支払いをやめるだけで、契約解除が行えます。クラウドのシステムを更新すれば、常に最新のシステムを使うことができ、セキュリティ面の心配もほぼありません

初期費用を抑えて、ECサイトをスタートさせたい人にはおすすめであり、特に個人や中小企業での導入に適しているでしょう。ただ長く使うことを考えると、毎月の費用がかかるので、年月が経つと、毎月の費用が重なって膨大なコストになる可能性があります。また、パッケージ型であると、導入してもサーバーのシステムに合わないなどあり、導入につまずくこともあります。しかし、SaaS型であれば、すでにシステムとして構築されているので、1からインストールの必要はなく、導入につまずく心配もありません


関連サイト:ECサイト構築
SaaS型ECサイト構築サービスを行っている業者です。

導入のポイント

SaaS型のECサイトサービスもパッケージ型と同じく、いくつもの種類があります。やはり導入するとなると、それぞれを比較して、自社にはどのサービスが合っているか考えることになるでしょう。月額料金の設定にしても、定額でいくらと決まっている場合、アクセス数に応じて変化などと、それぞれで違います。

ECサイトECサイトサービスを比較するときに見る部分というと、機能性になるでしょう。これもサービスごとに違いがあり、商品ページや購入ページを細かくカスタマイズ出来るタイプ、いくつもの決済方法に対応してるサービスなどとあります。もしもカスタマイズを必要とするならば、カスタマイズは無料か有料かも見ておくと良いでしょう。中には最初の期間は無料でお試しして使えるサービスもあるので、使い勝手を見ることも可能です。

何よりも、ECサイトのサービスを選ぶときは、そのサービスが、どのようなECサイト向けになっているか見てみましょう。小規模サイト向けから、何百もの販売ページの作れる大規模サイト向けまであります。サービスによっては、決まったページまで基本の料金となり、販売ページ数が多くなると、月額料金が増えるようなサービスもあります。

SaaS型ECサイト

通常企業がECサイトを自社に導入するときは、ECサイト用のパッケージシステムを購入し、自社サーバーに組み込みます。パッケージ型のECサイトシステムならば、一度導入すれば、初期費用のみで済み、運用保守を自社で行えます。また不具合などがあれば、販売元がサポートとなっており、ときには有償とはなりますが、サポートを受けられます。ただパッケージ型のECサイト自社で構築するには、導入のための初期費用が高くなる、さらにサーバーを自社で用意しないといけないというデメリットがありました。

クラウド型そんな中で登場したのが、クラウドを使用したECサービスであり、SaaS型のECサイト構築サービスとも呼ばれます。クラウド型なので、インターネットを経由してサービスを提供しており、導入した企業は自社サーバーへのシステムインストールが必要なく、ブログを使うように、すぐにECサイトを構築できます。また、パッケージ型は一度導入すると、時間とともに、システムが古くなってしまいます。しかしSaaS型であれば、クラウドのシステムがバージョンアップすれば、企業もその最新版のシステムを使えます。

何よりも導入費用が安く済みます。パッケージ型であれば、初期費用としてそのシステムを購入しないとならず、システムの値段は高いことが多いです。しかしSaaS型であれば、初期費用のかからないことも多く、使用した分だけの月額料金となっており、構築費用を抑えられます。